Back to Top

index.html

W124, W126 Speaker System

shokunin_item.html
 

W124、W126スピーカーシステムは、両モデルのラジオライクなリスニング環境をもっとも効率よくリーズナブルに、快適なドライビングが楽しめる高品位な音質に改善することを目的に設計されています。口径や奥行きにダッシュボードマウントゆえの厳しい制限があるフロントスピーカーでは過度な低音再生を期待せずに高品位な中高音域の再生を目指し、低音域をリアシェリフに標準のスピーカー(セダン、クーペ)、あるいはサブウーファーの装着によって補完することで一体感のある豊かな音場を形成します。


リスナーの趣向にもよるのですが、試聴会にお越しいただいた、あるいはスピーカーシステムを装着してくださった多くの方々から、高品質なサブウーファーとの組み合わせによって得られる音楽の迫力が増すだけでなく、スピーカーシステムが持つサウンドの美しさがより引き立つとのご感想を戴いています。そこで、当初よりこのホームページに2011年に東京・名古屋・神戸で開催した試聴会で使用した試聴車のものと同じサブウーファーボードのDIY製作のご案内を掲載いたしましたが、自分で製作するのは難しいという声が圧倒的に多かったのは私の読み違いでした。

そこで、パイオニア・カロッツェリア製TS-WX610Aをテストの上、お勧めすることにしました。この機材は、スペアタイヤのホイール内に装着するコンパクトなサブウーファーですが、十分な低音再生能力を持ち、小口径ユニットを使用するサブウーファーならではの切れ味の良さがあります。いわゆるズンドコ系ではなく、音楽に豊かな表情を与えてくれる優秀な機材です。また何よりも装着が簡単に行え、特にサブウーファーの取り付け位置に難儀するステーションワゴンやカブリオレにおいては、他の選択肢が見あたらないほどのお勧め度です。


けれどもやはりさらに豊かな音場の実現、すなわち小音量でも足下や腰の辺りに染み入るようなベースサウンドによって高まる臨場感、大音量時にはライブハウスやコンサートホールでPA機材から溢れる地面を揺さぶるような迫力を得るためには、2011年の試聴会で使用したようなさらに大容量のサブウーファーを選択することが必要になります。


スピーカーシステムを手に入れてくださったW124、W126オーナーの皆さんに、同システムが備えている本当のサウンドを目一杯満喫できる環境を提供してゆきたい、という思いでメールによるサポートや、試聴会を兼ねたサウンド調整サービスを継続しておりますが、今回、さらに高いレベルでW124、W126のリスニング環境を求める方々のリクエストにお応えして、サブウーファーボードを製作することにいたしました。パイオニア・カロッツェリア製TS-WX710AをW124、W126それぞれのトランクルーム専用にカットした15mm厚のボードにマウントしたもので、車両への穴開け加工等を一切行うことなく装着することができます。スペアタイヤのホイール内に装着するTS-WX610Aと同様の手軽さで装着することができ、さらに豊かな臨場感と迫力に満ちたリスニング環境を実現します。


また、よりいっそう高品位で趣向に合わせたシステムを実現したい方のために、サブウーファーボードの上に追加のボードを加えるオプションサービスも受け付けます。2段目に装着するアンプなどの機材に合わせたサイズのボードを個別に製作し、それぞれの機材に専用の穴開け加工を行います。機材をお送りいただければ、それらを全てマウントし、ボード上の配線を完了した状態でお送りします。アンプの選定などの相談にも応じたいと考えていますので、まずは共通するサブウーファーボードをリクエストいただき、そちらの製作と並行して2段目の相談をじっくりさせていただきながら完成させるというプロセスも楽しいかなと考えています。


新しい試みで、不備があるかもしれませんが、スピーカーシステムを手にしてくださった皆さんとともに、さらに高いレベルのW124、W126ライフを目指せれば最高と思っております。

2段目のオプションは、搭載する機材の選定やボードのサイズなど、すべて個別対応になります。ベースとなるサブウーファーボードをオーダーいただいた後、メールでやり取りをしながら仕様や機材代などボード製作以外に必要な費用を決定します。2段目のボードは、2mm厚のクランプと、裏側に取り付けた脚によってしっかりと固定されています。また2段目を載せた場合の奥行きは、使用する機材にもよりますが、ずいぶん手前にせり出したように見える写真の製作例でも最頂部は純正CDチェンジャーより奥に収まっています。

2段目オプションの製作例

“Subwoofer board”
for your  W124, W126
W124, W126 Subwoofer board 
車両穴開け加工、一切不要で取り付け可能
吊り下げ式CDチェンジャー等・個別対応可能
トランクスペースを犠牲にしない装着位置
パイオニア・カロッツェリア製TS-WX710A使用
任意の機材を装着する2段目・個別対応オプション

対応車種

  1. E class  W124(右・左ハンドル)/ 50,000円(税・送料 別)

 セダン、クーペ に対応。


  1. S class  W126(右・左ハンドル)/ 50,000円(税・送料 別)

 セダン、クーペのいずれにも対応。


  1. 任意の機材をマウントする2段目のオプション / + 20,000円(税・機材代 別)

ベースとなるサブウーファーボードは共通です。まずはサブウーファーボードをお申し込みください。

その後、使用する機材について、選定から取り付け方法についてメールで相談しながら最終仕様を決定します。



サブウーファーボードのご購入方法:

現在、製作を受け付けておりません。(2013, 12 / 23)